iPhone13の購入は断然「楽天モバイル」をおすすめする理由!

SIM
この記事は約6分で読めます。

iPhone13が9月15日に発表され、9月17日から予約開始。

そして9月24日(金)に販売スタートです。

初日から発売する通信事業者はNTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4MNO事業者です。

また、Appleストアやヨドバシカメラなどの家電量販店でも発売されます。

iPhone13に関しての詳細な記事は別記事にて紹介予定ですが、以下の2点についてはiPhone13の購入の際に影響してくると思います。

iPhone13の購入の前に知っておいてほしいこと
  • 通信事業者が販売するiPhoneがシムフリー端末である
  • デュアルeSIMに対応している

特に各社がSIMロックにて販売していたiPhone12までと違い、どの事業所で購入しても手続きなくすぐに他の事業者でも利用することができるのが大きな特徴です!

今回の記事では、様々な視点から検討した結果楽天モバイルでの購入をお勧めする理由を紹介します!

最後までご覧ください!

iPhone13の購入は楽天モバイルをおすすめする理由!

販売価格が安い

楽天モバイルでのiPhone13購入がどのような条件でも圧倒的にお得になっています。

赤太文字は最安値、青囲み字は最高値になります。

※各通信事業者やAppleストアでは残価設定型や通信料金との割引を導入していますが、単純に機種料金での比較になります。

iPhone13

AppleストアNTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
128GB98,800111,672115,020115,92098,800
256GB110,800125,136128,970129,600110,800
512GB134,800164,736156,995157,680134,800

iPhone13 mini

AppleストアNTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
128GB86,80098,208101,070101,52086,780
256GB98,800120,384115,020115,92098,800
512GB122,800151,272143,040144,000122,280

iPhone13 Pro

AppleストアNTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
128GB122,800142,560143,040144,000122,800
256GB134,800165,528156,995157,680134,800
512GB158,800197,208185,015186,480158,800
1TB182,800226,512212,920214,560182,800

iPhone13 Pro Max

AppleストアNTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
128GB134,800165,528156,995157,680134,800
256GB146,800182,160170,945172,080146,800
512GB170,800213,048198,965200,160170,800
1TB194,800243,144226,870228,240194,800

前述しましたが、どの事業者で購入してもSIMフリー端末なので同じ商品になります。

通常料金だと基本的に「楽天モバイルでの購入」「Appleストア」での購入が最安値となっています。

RS
RS

1万円以上差がある料金設定も多数ありますので、どこで購入するかも大事になります。

Appleストアや各通信事業者での割引特典

iPhone13の購入をきっかけに契約通信事業者を変更するMNP制度を利用する方向けへの割引が準備されています

  • NTTドコモ・・・22000円割引(MNPのみ)
  • au・・・22000円割引(MNP)、11000円割引(新規)
  • ソフトバンク・・・なし
  • 楽天モバイル・・・20000分の楽天ポイント割引(MNP)、5000円分の楽天ポイント割引(新規)

MNP(事業者移転)により事務手数料<3000円くらい>+違約金<1000円くらい>発生しますが、割引額の方が圧倒的にお得になる計算です。

またAppleストア(実店舗のみ)でNTTドコモ・au・ソフトバンクの通信回線とセットで購入すると8000円の割引があります。

MNPを利用する際のiPhone13 128GB 実質購入価格

NTTドコモ(MNP)au(MNP)ソフトバンク(MNP)楽天モバイル(MNP)
128GB89,67293,020115,92078,800
(20000円分は楽天ポイント)

楽天モバイルとソフトバンクで3万7千円もの差があります。

すべてにおいて、楽天モバイルでのiPhone13シリーズ購入が圧倒的にお得です!

残価設定プログラムの提供

NTTドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルともに2年間利用した後に「機種を返却する」「残価を支払う」ことが出来るプランを提供しています。

2年後に「再度機種を別の機種を契約する」「使っている機種の残価を支払い購入する」ことが必要になります。

デュアルeSIM採用!

iPhone13はデュアルeSIMを採用しています。

eSIMについてはこちらの記事をご覧ください!

eSIMは2021年9月になって続々と大手MNO事業所も対応を本格的に開始していますが楽天モバイルは2020年から積極的に対応してきました。

デメリット
NTTドコモ・android機種には非対応
・デュアルSIMを利用した場合動作保証対象外
au・店頭での手続きには手数料2200円が発生
ソフトバンク・特になし
楽天モバイル・特になし

特にiPhoneの機能であるデュアルSIM機能を動作保証対象外になっているのが痛いですね・・・

iPhone13の機能をフルに活用するならeSIMの活用は必須です。

eSIMを積極的に導入してきた楽天モバイルなら安心です。

料金プランとデュアルSIMシステムが最高の組み合わせ!

楽天モバイルの料金プランについての詳細は↓の記事をご覧ください。

1GBまでのデータ使用ならば基本料金は0円になります。

よってメインでデータ回線を別に契約している方に関しては、一つを楽天モバイル、もう一つをデータ回線契約にすることによって、基本料金無料で楽天モバイル回線を維持することもできます。

仕事用の回線を利用したい人や、楽天回線エリアに不安がある方にお勧めの方法です。

まとめ

iPhone13はデュアルeSIMシステムを搭載し、各社SIMフリー端末での販売という事になりました。

特に機種料金に関しては楽天モバイルが注力して圧倒的なお得さでの販売になります。

今回のiPhone13の販売をきっかけに一度楽天モバイル回線を利用してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました