格安SIM大手!IIJmioのメリット・デメリットをわかりやすく紹介します!

通信事業者
この記事は約6分で読めます。

ども、最近「後払い」にはまっているRS(@RSdachsblog)です。

RS
RS

お金払わず、商品が届くなんて最高だよね!

アール
アール

また、痛い目に合うワン

後払いについては、私が運営している別サイトの下記記事もご覧ください!

まず、IIJmioについて絶対言われる疑問「なんて読むの」を先に解決します。

答え:IIJmio(アイアイジェイミオ)と呼びます。

・IIJは会社名インターネットイニシアティブ(IIJ)から

・mio(ミオ)は「私の<もの>」というイタリア語

この2つの組み合わせで「アイアイジェイミオ」と読みます。

格安SIM大手!IIJmioのメリット・デメリットをわかりやすく紹介します!

IIJmioの利用がおすすめ!
  • 余ったデータ通信をシェア/プレゼントしたい!
  • 機種をお得に購入したい!
  • 通話かけ放題プランを利用したい!
  • ドコモ・au回線を選択可能!
  • 光回線とのセットで通信費をお得にしたい!
  • フルMVNO会社の安心感
  • eSIMを利用したい!
IIJmioの利用をあまりおすすめできない人
  • 店舗でのサポートが欲しい・・・
  • クレジットカード以外で支払いたい・・・
  • 未成年名義で契約したい・・・
  • 家族間などで名義変更したい・・・

また、1回線のみの契約でも不利になることはありませんがお得になる要素もないので、他を検討してもいいかもしれません。

となります、ではIIJmionについて詳しく説明していきますね。

最新キャンペーン(2021年9月28日現在)

IIJmio最新キャンペーン
  • ギガプラン新規申し込みでデータ容量1GBを3カ月間プレゼント
  • ギガプラン新規申し込みで初期費用1円
  • SIM交換再発行手数料0円

IIJmio新料金プラン「ギガプラン」

2ギガ~20ギガまで多様なプランが選択できます。

メリット1:データシェア/プレゼント機能が凄い!

データシェア

データシェア機能とは↓こんな機能です。

同一mioID内で契約する回線のデータ容量をシェアできる仕組みのことです。

シェアするグループを複数作成できるため、様々な使い方ができます。

また、同一mioID内であれば、契約している回線の機能やタイプ(ドコモ回線・au回線)が異なっていてもデータ容量をシェアすることができます。

https://www.iijmio.jp/gigaplan/dataoption/ IIJmio公式ホームページより
IIJmio 公式サイトより

一人で複数回線を契約している方、家族で契約している方などお得しかないサービスで無料で利用できます!

データシェアが利用できないケース
  • ギガプラン以外を利用している
  • 別々のIDで契約している場合

プレゼント

IIJmio 公式サイトより

データプレゼント機能とは↓こんな機能です。

同一mioID内で契約する回線のデータ容量をプレゼントできる仕組みのことです。

月初に付与されるデータ容量(バンドルクーポン)も追加データ容量(追加クーポン)も全てプレゼント可能で、データ容量の有効期限別の合算残量に対し、有効期限別に指定可能です。

https://www.iijmio.jp/gigaplan/dataoption/ IIJmio公式ホームページより
データシェアが利用できないケース
  • ギガプラン以外を利用している
  • 別々のIDで契約している場合

メリット2:機種をお得に購入したい!

IIJmioは公式サイトで機種販売をしています。

その中でもAndroid端末に関しては、販売機種も多く圧倒的に安く購入できます。

iPhoneに関しては中古・未使用品の販売ですがiPhone8の美品中古が10000円以下で購入できるなど機種も同時に購入したいユーザーにお勧めできます。

メリット3:通話かけ放題プランを利用したい!

通話アプリ「みおふぉんダイヤル」を利用することで通話料が最大60%割引になります。

また2種類のかけ放題プランが用意されています。

  • 誰とでも3分&家族と10分 月額660円
  • 誰とでも10分&家族と30分 月額913円

同一ID契約間とそれ以外でかけ放題通話の制限時間が違うのが特徴です。

メリット4:光回線とのセットで通信費をお得にしたい!

IIJmioは「IIJmioひかり」というフレッツ光回線のコラボ事業も手掛けています。

「IIJmio」と「mioひかり」セットで「mio割」となり660円の割引となりますので、ひかり回線の契約をしている・予定している方はさらにお得に利用できます。

メリット5:ドコモ・au回線を選択可能!

ドコモとau回線どちらかのSIMカードを選択できます。

メリット6:フルMVNO会社の安心感

IIJmioは”フルMVNO””としてサービスを提供しています。

MVNO会社は通常ドコモ・au・ソフトバンクなどのMNO会社から回線を借りていますのでSIMカードもMNO会社から「借りる」ことでユーザーに提供しています。

IIJmioはフルMVNOとしてドコモと契約していますので自前でSIMカードを発行することが出来ます。

ただし、データ通信専用SIMのみです。

IIJmioがデータ通信のみ「eSIM」対応できたのはこの契約によることがあります。

現時点で、一般のユーザーに影響はありませんがIoT分野等でIIJmioのSIMが活用できる可能性が高くなっています。

メリット7:eSIMを利用したい!

SIMカードを利用せずデータの書き換えで利用できるeSIMについては、MVNO会社としては唯一対応しています。

データ通信SIMと比較すると300円くらい安く利用できるのも特徴です。

デメリット1:店舗でのサポートが欲しい・・・

チャットサポートなど多様な対応をしていますが、店舗サポートに関しては少ないと言えるでしょう。

デメリット2:クレジットカード以外で支払いたい・・・

IIJmioの支払いはクレジットカードのみです。

デビットカードは対応していないとのことで、口座振替等もないのは特にクレジットカードを持たない若年層に対しては大きなデメリットになります。

デメリット3:未成年名義で契約したい・・・

IIJmioは18歳以上(ただし20歳未満は親権者の同意が必要)から契約できます。

それ以下での年齢での契約には対応していません。

希望する場合は、以下の記事で対応している会社をご確認ください。

デメリット4:家族間などで名義変更したい・・

家族間での名義変更には対応していません。

よって、親の名義を子どもに変更したい場合は一旦可能な他の会社にMNPするなどの手続きが必要になります。

希望する場合は、以下の記事で対応している会社をご確認ください。

まとめ

以上、「格安SIM大手!IIJmioのメリット・デメリットをわかりやすく紹介します!」についての記事でした。

1回線のみの契約よりかは複数回線の契約がおすすめです。

今後も先駆的な取り組みをするMVNO会社として注目です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました