SIMって何?SIMの種類と機能を紹介!

SIM
この記事は約5分で読めます。

どーも、毎月MNPしたくなるRSです。

今回はこのサイトのタイトルにもなっている「SIM(シム)」についての記事になります。

以前は「SIMカード」と言われていましたが、現在はカードではなく情報を内蔵する「eSIM」というものもありますのでカードではありません。

どんなに高い機種を持っていても、このSIMが壊れたらただの文鎮になってしまうほど重要な「SIM」。

では、そのSIMの種類と役割について記事にまとめましたので最後までご覧ください!

SIMの役割と種類を紹介!

SIMの役割

SIMは簡単に言うと

 電話・データ回線の身分証明書

と言えるでしょう!

SIMが持つ情報
  • 契約者(利用者)を識別する番号
  • 電話番号

が記載されています。

このSIMをスマートフォンに挿入・認識することによって、電話・データ回線が利用できるようになります。

逆に、電話・データ回線を利用しないWifiを使ったデータ通信やアラーム機能などのスマホ昨日は問題なく使えるはずです。

とっても大きな役割を持っていることがお分かりになったでしょうか?

SIMカードが損傷したり、SIMカードを読み込む機能が故障するとそれだけで、いくら画面が綺麗で処理速度が速い最新機種であっても通話・データ通信(Wifi除く)が出来ません。

SIMの機能3分類!

  1. 音声通話SIM (音声+データ通信+SMS)
  2. データ通信専用SIM (データ通信のみ)
  3. データ通信+SMS専用SIM (データ通信+SMS)

となります。料金的には当然機能順に2⇒3⇒1の順に高くなりますが、近年はあまり差がなくなっています。

SIMの種類は次の2つ!

SIMカード

一つ目はカード型のSIMです。

機種変更や契約する携帯会社の変更手続きなどを行った際に見たことがある方も多いのではないでしょうか?

大きさで分けて3種類。

スマートフォンの小型化・薄型化と進化がリンクしていることもあり比較的早い段階で現在のナノSIMが採用されています。

  • カードが壊れたら交換すればよい
  • サイズさえ合えば差し替えて他のスマホでも利用できる(要SIMフリー化)
  • どの会社も提供している
  • 差し替え時やスマホ落下時などカードが物理的に破損する可能性が高い
  • ネット上で契約が出来ても、カードが到着しないと利用できない

現在の主流ですが次に説明するeSIM対応機種が増えるにつれてシェアは減少していくと思われます。

eSIM

eSIMはスマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMとなります。

eSIM(イーシム)は、スマートフォンに内蔵された本体一体型のSIMです。これからは、設定が書き込まれたSIMカードが届くのを待ったり、扱いにくい小さなカードを差し替えたりする必要はありません。

楽天モバイルHPより https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/sim/esim/

カードの差し替え等が必要なく、データ通信を利用しながら情報の書き換えを行います。

  • Wifiなどを利用すれば、契約後すぐに利用できる。
  • 事務手数料などを優遇している会社が多い
  • 海外ではeSIMに対応した通信事業者が多い
  • 日本においては対応している通信事業者が少ない
  • 対応機種でなければ使えず、まだ少ない(ただしiPhoneは対応済みで増加中)

いずれはeSIMが主流になっていくと予想しています。

eSIM各社対応状況

・MNO(大手3大キャリアなど)

*情報は2021年7月14日時点です

eSIM対応事務手数料備考
NTTドコモ××対応予定のまま
ahamo××対応予定のまま
au××2020年にeSIM特化ブランドを作ると言ったまま
POVO無料基本的にチャットでの問い合わせが必要です。
*またeSIMの再発行には9:00~20:00にサポートに
電話が必要です
UQ!mobile××
softbank
*一部機種のみ
3300円SIMカードからeSIMに変更する際に店頭に行く必要あり。
Y!mobile3300円**My!Ymobileでの手続きは無料。
eSIMプロファイルを店頭で再発行する際に手数料が発生。
LINEMO無料手数料は無料
楽天モバイル無料手数料無料

・MVNO(OCN、IIIjmioなどの格安SIM会社)

事業者名eSIM対応事務手数料備考
OCNモバイルONE××
BIGLOBEモバイル××
y.uモバイル×× 
IIJmio△*
データ通信のみ
3300円
⇒現在1円
8月31日まで事務手数料キャンペーン中
mineo××
AEONモバイル××
LIBMO××
b-mobile××

MVNOはIIJmioがデータ通信プランeSIMを提供しているのみです。

MVNO通信事業者はeSIMに手を出すのが難しいのかもしれません。

まとめ

スマートフォンの進化と共にSIMも進化しており、今後はeSIMでの手続きが普及していくと思われます。

実はドコモ・au・ソフトバンクモバイルのメインブランドではeSIMの対応はしていません。

2021年7月14日にひっそりとソフトバンクモバイルがeSIMサービスを始めました。

auが提供する「POVO」、ソフトバンクモバイルが提供する「LINEMO」「Y!mobile」は対応しています。

以上でSIMの役割と種類についての説明は終了です。

今後スマートフォンの進化と共にSIMも更なる進化を見せていくことでしょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました